【公式】広島・呉・福山での包茎手術や包茎治療・増大治療はABCクリニック広島院へ

  • 無料メール相談
  • オンライン予約

MENU

パイプカット-男性避妊手術-

ABCクリニック広島院は、パイプカットをご相談頂ける数少ないクリニックの一つです。
妊娠の不安や避妊行為の煩わしさを感じることなく、夜の営みをご堪能頂けます。

パイプカット -男性避妊手術-

こんなお悩みの方がご来院されています

パイプカット -男性避妊手術-とは

パイプカットは、精子を送り込む精管を切断する避妊手術です。精管を切断する事により、射精する際に精液の中に精子が含まれなくなります。パイプカットをしても男性ホルモンに影響はありません、通常通りの射精が可能ですし性感が落ちる事もありません。

※基本的に元に戻りません。パートナー様と確りご相談頂きご決断頂いております。

パイプカットの治療術式

・【精管切除術】
精管を切断した後に、糸で結ぶことで、精液の中に精子が含まれなくなります。基本的に元に戻る可能性はございません。
※切開部分を最小限に抑えますので、傷口は、陰茎のしわで隠れます。

当日の流れ

診察
男性医師による診察
カウンセリング
診察の診断結果を元にカウンセリング
手術
手術時間は30分程度です。
手術からご退院の時間は2時間~2時間半程度です。
術後検診
当院は医療機関のクリニックとして、検診をお願いしております。
※精液検査は患者様の任意で行って頂いております。

よくある質問と回答

Q1 手術は痛くないですか?
手術中には麻酔を施しますのでご心配ありません。
手術後に関しましても痛むことはほとんどなく、普通に歩いてお帰りいただけます。
Q2 手術後、精液が出なくなることはないですか?
精液はこれまで通り出ます。
精液に精子が含まれないだけで、射精もしますし、感覚が変化することはございません。
Q3 性欲の減退や勃起不全にならないか心配です。
精液に精子が含まれないだけで、性欲や勃起には影響はありません。
男性ホルモンが分泌されている血管は遮断しないので、男性ホルモンが低下することもありません。
Q4 手術後に妊娠してしまったと聞いたことがありますがそんなことはあるのでしょうか?
パイプカットを行っても、しばらくは精液に精子が残っていて妊娠する可能性があります。
術後、約1ヶ月たってから15回位の射精を行い、精子の無いことを確認するまでは避妊具を使用する必要があります。
※当院では、治療後の精液検査を患者様の任意で行って頂いております。
Q5 手術後つくられた精子はどうなるのでしょうか?
手術後、睾丸で生産された精子は精子貧食細胞や抗精子抗体のはたらきによってお身体に自然吸収されるため、体への影響はありません。
Q6 パイプカットと他の治療を一緒に行う事は可能ですか?
可能です。ただ、治療内容によっては期間を開けて頂いた方が良い場合がございます。
詳しくは診察時に症状を確認の上ご相談させて頂きます。

治療条件

配偶者(奥様)の同意書

  • ※例外の場合もありますのでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
  • ※配偶者(奥様)の同意書があればご来院日当日はお一人様でも治療が可能です。
  • ※母体保護法に基づいて行うため、基本的に子供が複数いて、子育ても一通り終わり配偶者(事実婚を含む)の同意がある既婚男性でなければなりません。

治療費用

パイプカット(精管切除術)
¥150,000(税込¥165,000)

※価格は消費税別と消費税込の両方を表記しております。
※施術費用・麻酔代・術後の薬代は価格に含まれております。
※公的保険の適用範囲外となります。
※診察・診断の結果、手術をお断りする場合がございます。予めご了承下さい。

◆糸や麻酔によって費用が変わることはありません。
◆手術中や、手術後に費用が変わることはありません。

お支払方法

  • 各種クレジットカードOK!

  • 分割は3,000円(税込3,300円)から可能です

  • 当日の現金支払以外にメディカルローン・クレジットカードの利用もできます。
  • 未成年の患者様の場合は、分割のご利用に制限があります。尚、診察を受けるにあたっても、親権者の直筆承諾書が必要となりますので、ご了承くださいませ。
クレジットカード

クレジットカード一覧

  • レジットカードによっては支払限度額がございますのでご注意下さい。
メディカルローン(分割)
  • メディカルローンのご利用も可能です。
  • ご利用の際は、現住所記載の身分証明書と口座振替用の通帳・印鑑をご持参下さい。
  • 無料メール相談
  • オンライン予約

ご相談はお気軽に!
プライバシーも厳守いたします。

ページ上部へ

ページトップに戻る